People

JACK KITTINGER

PHD, GEOGRAPHY

Arizona State University

アリゾナ州立大学プロフェッサーオブプラクティス。人文地理学者。Conservation International’s Center for Oceansのシニアディレクターを務める。彼のリーダーシップの下、CIは、持続可能な漁業や養殖を実施することで、生物多様性を保全し、海洋に頼るコミュニティのより良い暮らしを実現するための活動をしている。特に環境管理やプランニングそして政策に社会科学を用いることを提唱する。

DANIEL DUNN

PHD, MARINE SCIENCE & CONSERVATION

Duke University

2011-2014 Junior Research Fellow (Duke)

2014-2017 Senior Research Fellow (Duke)

デューク大学海洋科学研究者。Marine Geospatial Ecology Labで、国の管轄域外の海洋生物多様性の保全と海洋資源の動的管理に焦点を当て研究している。遠洋生態学、生物地質学およびミクロ生態学に基づく保全生態学に関心を寄せた研究である。 Dunnは、これらの問題を適切な規模で、そして直接的に解決するために、国の管轄域外の海洋政策にも通じる科学をもたらすよう努めている。

HANSON HOSEIN

MS, JOURNALISM

University of Washington

ワシントン大学、コミュニケーションリーダーシッププログラムのディレクター。元NBC特派員、バックパックジャーナリスト、調査プロデューサーであり、エミー賞と海外記者クラブ賞の受賞経験がある。コミュニケーション技術においてクリエイティブ起業家のパイオニアとして注目されている。

ELSIE SUNDERLAND

PHD, ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY

Harvard University

ハーバード大学環境学部の環境科学工学Associate Professor。彼女の研究グループは、地球汚染物質の生物地球化学を研究しており、生態系や地球規模のアプリケーションなど、様々なスケールでモデルを開発し、過去および将来の気候変動や環境汚染物質の人間の生態学的健康への影響に関する研究を進めている。

ANDRE BOUSTANY

PHD, ZOOLOGY

2011-2013 Senior Research Fellow (Duke)

Monterey Bay Aquarium

デューク大学科学研究員。混獲の削減、漁獲効率の向上に焦点を当て研究してきた。また、海洋保全と漁業生態学のクラスで教鞭をとり、大西洋遠洋の魚の国内および国際管理についてNOAAに助言する、大西洋高度回遊魚漁業管理アドバイザリーパネルおよび米国ICCAT諮問委員会のメンバーとしても活動する。

 

RYAN RYKACZEWSKI

PHD, BIOLOGICAL OCEANOGRAPHY

2011-2012 Senior Research Fellow (Princeton)

University of South Carolina

南カロライナ大学、海洋科学プログラム及び生物化学プログラムのassistant professor。気候変動による過去及び将来の生態系、また漁業生産への影響に関する研究に焦点を当てている。この研究では、理論、観測、モデルに関する考察が重要となる。カリフォルニア州サンディエゴ校、スクリップス海洋研究所で博士号を取得。

 

LAURIE CHAN

PHD, DIET AND HEALTH

University of Ottawa

Laurie Chanは、オタワ大学の毒物学および環境保健学のProfessor。毒物学、環境健康、栄養、先住民族の環境に焦点を当てている。環境的および栄養的汚染物質の代謝および毒性に関与する化学的、生物学的および生化学的プロセス、微量元素欠乏の影響、生態系における汚染物質の影響リスク評価などの研究を行う。

LARRY CROWDER

PHD, ZOOLOGY

Stanford University

Larry Crowderは、 Center for Ocean Solutions Scienceのディレクターであり、スタンフォード大学生物学教授である。彼の研究は、捕食と食物網の相互作用、

魚類の加入尾数変動のメカニズム、保全生物学における人口と食物網モデリング、海洋保全への分野横断的アプローチに焦点を置く。淡水と海洋生態系の両方で食物網のプロセスを研究しており、管理改善として、これらの相互作用を理解するために観測、実験、モデリングの手法を使用してきた。

DIDIER GASCUEL

PHD, ECOLOGY

Agrocampus Ouest

Didier Gascuelは、Agrocampus OuestのProfessorで、漁業・水産科学センターの責任者。現在は、栄養段階に基づく生態系モデルの開発と、漁業管理への生態系アプローチの実施に焦点を当てている。また、政策面では、西アフリカ諸国やヨーロッパの海域における漁業の生態系への影響を評価に携わってきた。特にECOTROPH生態系モデルを開発し、海洋保護区域の効率を評価することにも取り組んだ。

THOMAS FROELICHER

PHD, CLIMATE & ENVIRONMENTAL PHYSICS

2012-2013 Senior Research Fellow (Princeton)

University of Bern

ベルン大学、Assistant Professor。モデル、理論、観測の考察をして研究を進める。現在、そして未来の炭素循環サイクルと気候変動の関係を 地域レベルと地球規模の双方から研究している。特に、地球のシステムの海洋成分とそれが 炭素循環・栄養循環の中で果たす役割に焦点を当てる。また、そ の延長で、過去そして未来の気候変動が生態系と漁獲高に与え る影響も研究している。

MALIN PINSKY, 生物学 ラトガース大学

PHD, BIOLOGY

Rutgers University

ピンスキー博士は、海洋の生物群衆と分子ツールに関心を寄せる生態学者である。研究領域の境界を押し広げ、高い技術のある科学者やコミュニケーターを育成することで、海洋生態系の保全を目指す。温帯魚とその漁業の気候変動への適応、海洋保護構想のためのコーラルフィッシュの幼魚分散、気候変動や狩猟によるアザラシの個体群動態を調査している。

QUENTIN HANICH

PHD, FISHERIES GOVERNANCE

University of Wollongong

ハニック博士は、ウーロンゴン大学のオーストラリア国立海洋資源保全センター(ANCORS)で漁業ガバナンス研究プログラムを率いている。 太平洋島嶼国での漁業管理や海洋保全に関して国際機関と政府の補助を務める。彼は、漁業ガバナンス、海洋保全、漁業管理と開発に関するプロジェクトマネジメントにおいて豊富な経験を持つ。

CHRIS MCOWEN

PHD, MARINE BIOLOGY

2011-2014 Senior Research Fellow

UNEP-WCMC

ケンブリッジ大学、ポスドク研究者。同大学地理学部と共同で行う海洋チームの一員として研究を進める。海洋捕獲漁業のさまざまな側面を研究する。今後の漁業生産を予測し、持続可能な海洋生態系が利用できるように、生態学、海洋学、社会経済学のプロセスを考慮しながら漁業生産の原動力を探っている。

 

ALEX OUDE ELFERINK ユトレヒト大学 法学

PHD, LAW

Utrecht University

Netherlands Institute for the Law of the Seaのディレクター。アウデ・エルフェリンクは、国際海洋法、極地研究、海域の境界画定、紛争解決や国家管轄を超えた海域(公海)での管理制度など幅広い分野を専門としている。

CARL FOLKE

PHD, ECOLOGICAL ECONOMICS/NATURAL RESOURCE MANAGEMENT

Stockholm University

Stockholm Resilience Centreのディレクターであり、Stockholm Resilience Centreの共同研究パートナーの一つであるBeijer Institute of Ecological Economics of the Royal Swedish Academy of Sciencesのディレクターである。自然と社会科学との分野横断型研究に関する豊富な経験を持ち合わせ、生態系力学と生態系サービス( 生物 ・ 生態系 に 由来 し、 人類の 利益になる 機能 )だけではなく、生態系管理の社会的そして経済的局面や「レジリアンス(回復力)」を管理するための環境変化への早期対応に関する研究を行っている。

 

CHARLES STOCK

PHD, CIVIL, ENVIRONMENTAL AND OCEAN ENGINEERING

NOAA

NOAA/Geophysical Fluid Dynamics Laboratoryの海洋学者(調査研究専門)。海洋生態系や幅広い時空間規模での物質と生物の相互作用を研究。彼の研究目的は、季節と数十年単位で起こる気候と海洋生態間の量的変化の予測と相互作用の予想である。

ERIK MOLENAAR

PHD, LAW

Utrecht University

ユトレヒト大学のNetherlands Institute for the Law of the Sea の副所長。国際漁業法や北極南極に関係する国際法が研究対象である。2013年の後半から、極地漁業への参入、分配、生態系アプローチの研究に特に焦点を当てている。

HENRIK ÖSTERBLOM

PHD, MARINE ECOLOGY

Stockholm University

Stockholm Resilience Centreの科学担当副ディレクター。環境科学の上級講師でありバルト海の生態系管理に焦点を当てた研究を行っている。主要な研究分野は、1)バルト海の社会生態学的考察、 2)国際海洋ガバナンス、3)海鳥や生態系の変化である。

 

JORGE SARMIENTO

PHD, GEOLOGY

Princeton University

プリンストン大学、地球科学Professor、また地球科学と地質工学のGeorge J. Magee Professor。二酸化炭素に代表される気候上重要な化学物質の大洋サイクル、海流を研究するための化学的トレーサー手法の利用、海洋生物科学に対する気候変動の影響について広く発表している。

MIKE BITHELL

PHD, ASTROPHYSICS

University of Cambridge

ケンブリッジ大学、地理学部コンピューティング研究のアシスタントディレクター。研究分野は、流体の流れ、大気物理学、気候と生態系との関わり、土地利用や社会経済的なプロセスの変化を含む、空間的に分散されたシステムの数値解析モデリングに及んでいる。

PATRICK HALPIN

PHD, ENVIRONMENTAL SCIENCE

Duke University

Marine Geospatial Ecologyの准教授であり、デューク大学海洋研究所Nicholas School of the Environment Geospatial Analysis Programのディレクター。海の地理空間的分析、 地理的情報システムの生態学的な使用と遠隔探査、海の保護と生態系ベースの管理の研究に焦点をおいている。ディーク大学の Marine Geospatial Ecology Labを率いており、いくつもの国際的な科学的なおよび保護プログラム運営委員会の一員である。

TOM SPENCER

PHD, GEOGRAPHY

University of Cambridge

Coastal Ecology and Geomorphology 講師でケンブリッジ大学のCambridge Coastal Research Unit のディレクター。地形学、地質学、生物化学間の接点である自然地理学、特に珊瑚と生態系(海草、マングローブ)そして海岸地形に関する研究に焦点を当てている。